お客様作品

写真をクリックすると大きく表示されます。

鉄道ファンになった夏の日
No.A-10 大久保友則(ボシ)様
鉄道ファンになった夏の日金賞
鉄道ファンになった夏の日
鉄道ファンになった夏の日
夏の八高線をイメージして製作し、実際に写るカーブミラーや電線などを製作しました。
工業地帯
No.A-2 望月利秋様
工業地帯銀賞
工業地帯
工業地帯
できるだけ既製品を使わず、作成しました。昼の顔と夜の顔を持つジオラマです。電飾もほどこしてあります。
山あり川あり釣る人撮る人
No.O-4 鉄ラボ様
山あり川あり釣る人撮る人銅賞
山あり川あり釣る人撮る人
山あり川あり釣る人撮る人
コンセプトは「好きな情景を沢山詰め込む」 「立体感のあるジオラマ」 「ケースに飾りたい&走らせたい」です。山とトンネル、清流と桁橋、カントの付いた緩やかなカーブなど、見どころたっぷりに仕上げたつもりです。
八ツ山橋
No.A-8 伊藤正毅様
八ツ山橋佳作
八ツ山橋
八ツ山橋
改良工事が始まる前に形に残したいと思い作品にしてみました。
3月14日の上野駅
No.C-1 早水勇人様
3月14日の上野駅佳作
3月14日の上野駅
3月14日の上野駅
架線をはったところと、13番線のカーブをこだわりました。
江の電/干歳開洞付近の紫陽花
No.A-3 Tsunchi様
江の電/干歳開洞付近の紫陽花入賞
江の電/干歳開洞付近の紫陽花
江の電/干歳開洞付近の紫陽花
江の電でたったひとつのトンネルと沿線に咲く紫陽花を再現したくて、net等の写真を参考に仕上げました。現地取材はしていないので実景とはちがっているかも知れませんが、雰囲気は表現できたと思います。反省点もありますが、楽しく制作できました。
1960’能勢電鉄妙見口駅の春
No.A-5 岩本昌浩様
1960’能勢電鉄妙見口駅の春入賞
1960’能勢電鉄妙見口駅の春
1960’能勢電鉄妙見口駅の春
木造電車がのどかに走っていた半世紀前の能勢電鉄妙見口駅です。1960年代の妙見口駅の写真を見て、木造電車と駅の絶妙なマッチングに魅せられ、再現してみました。木造電車を含め、ほぼ自作しました。
220/1の風景
No.S-5 長尾 高志様
220/1の風景入賞
220/1の風景
220/1の風景
Zゲージの機関庫の風景を220分の1に凝縮して再現しました。
長瀞駅
No.O-3 尾屋真二様
長瀞駅入賞
長瀞駅
長瀞駅
駅舎と売店はフルスクラッチ(ペーパー)です。
南白亀チタニウム(株)木下工場 近景
No.A-9 荒井一彦様
南白亀チタニウム(株)木下工場 近景入賞
南白亀チタニウム(株)木下工場 近景
南白亀チタニウム(株)木下工場 近景
もし日本に本格的なロータリーカーダンパーを備えた精錬工場が存在したら・・・という仮定の下で作成しました。ロータリーカーダンパー本体はフルスクラッチです。貨車の連結器は進行方向側のみ360°回転する様子をモデル化しました。
地下鉄はじめました。
No.O-1 ぐるぐる☆寒天様
地下鉄はじめました。入賞
地下鉄はじめました。
地下鉄はじめました。
渾身の地下駅です。
昭和
No.A-1 島田喜美男様
昭和タム・タム賞
昭和
昭和
昭和の路地をイメージして。
紙と木がほとんどの自作品。
中央東線の風景
No.A-7 Take@Tokyo様
中央東線の風景タム・タム賞
中央東線の風景
中央東線の風景
技術力は乏しいですが、質感や色味には拘りました。側溝やドブ(?!)の表現も如何でしょうか。
川沿いの駅~出発進行~
No.S-2 船見佑助様
川沿いの駅~出発進行~タム・タム賞
川沿いの駅~出発進行~
川沿いの駅~出発進行~
色々な初めてが詰った作品です。フルスクラッチやらメディウムやら、、、。川には鯉を泳がせてみました。小さな私鉄電車がゆっくりと出発していく、、、そんな風景をイメージしてみました。
桜の咲く頃
No.A-4 ゼンマン様
桜の咲く頃
桜の咲く頃
桜の咲く頃
桜や菜の花を多く使い、春の秩父路をイメージしました。
樽見鉄道 鍋原(なべら)駅
No.A-6 Y . K様
樽見鉄道 鍋原(なべら)駅
樽見鉄道 鍋原(なべら)駅
樽見鉄道 鍋原(なべら)駅
約1年前にふらっと立寄った駅です。この路線は、桜の名所が多いですが、この駅周辺は民家以外は何もないひっそりとした所です。通学している様子を思い浮かべながら作りました。
機関庫のある風景
No.O-2 のぐ様
機関庫のある風景
機関庫のある風景
機関庫のある風景
限られたスペースに機関庫のエッセンスを凝縮しました。庫内、庫前裏の照明は点燈します。
道端のタンク車
No.S-1 蒼風 翔様
道端のタンク車
道端のタンク車
道端のタンク車
去年10月まで岩手県北上市で保管されていたタ3077の様子を再現してみました。道端にポツンと置かれていましたが、実車はその後、那珂川清流鉄道保存会に収蔵されたため、かつての様子をジオラマにしました。
ターミナル
No.S-3 飯田 隆幸様
ターミナル
ターミナル
ターミナル
改札の向こうに故郷への列車の顔が見える、そんな頭端駅独特の風景を私なりに再現してみました。各方向から楽しんでいただければ幸いです。
どこかにありそうな鉄道風景
No.S-4 ビタースウィート様
どこかにありそうな鉄道風景
どこかにありそうな鉄道風景
どこかにありそうな鉄道風景
このジオラマの周りの街並みを想像すると楽しくなりませんか。どこかにありそうな風景だと思います。非電化線は奥に鏡を設備し架線とウエザリングに苦労しました。
ケイビン
No.S-6 車掌様
ケイビン
ケイビン
ケイビン
今年は戦後70年という節目であります。戦前の大正3年より昭和20年の31年間、沖縄にも鉄道が走っていました。地元の人々にはケイビンと呼ばれて親しまれていました。今回はエポックメイキングに沖縄のケイビンを再現してみました。
一本桜のお立台
No.S-7 シルフィード様
一本桜のお立台
一本桜のお立台
一本桜のお立台
大井川鉄道の有名な撮影ポイントをイメージしました。

ページの先頭へ